【自然排便派・生屁派必見!】ソフトスカトロ界の雄「1113工房」を徹底解説!

スカトロ動画村長セレクト

自然排便や生屁を愛する方なら知らない人はいないであろう【ソフトスカトロ界の雄】それが1113工房です。

この記事では信念の男である小林十三監督率いる1113工房についてしっかり深掘りしていきます。

他メーカーとの違いや出演している女の子の紹介、中心人物である小林十三監督の凄さやオススメの作品をスカトロマニア歴30年以上の私村長ハルフォードが責任を持って徹底解説します。(小林監督からお聞きした今後の構想についても説明します。)

この記事を最後まで読むときっとみなさんも1113工房の事が大好きになるはずです!

1113工房には他メーカーでは撮れない良質ソフトスカトロ作品がある!

スカトロはニッチなジャンルではありますがそれでもスカトロAVを扱っているメーカは意外とたくさん存在します。現在各メーカーいろいろな趣向を凝らして独自の色を出しながら作品をリリースしています。

1113工房といえば自然排便と生屁です。

他メーカーでも自然排便や生屁のシーンは存在しますが1113工房の本物志向はその比ではありません。そもそも座薬や浣腸、空気浣腸等を全く使用しないメーカーなんです。

他メーカーなどでは演出上の理由ではなく「出ないから」という理由で安易に座薬や浣腸が使用されています。でも1113工房は頑なにそれをしないのです。

1113工房では出なければ別日に撮影し直しするんですよね。

これ本当に凄い事なんです。なかなか出来る事ではありません。

もしあなたが女性の自然排便が見たかったり生屁を聴きたいのでしたら迷わず1113工房の作品を見るべきです。

そこには他メーカーにはない本物のうんことおならがだけが存在しています。

「こんな娘でもうんこするんだな…」という男性永遠の幻想を気持ちが良いほどに粉々に打ち砕いてくれる作品が1113工房にはあります。

1113工房はソフトスカトロ界の教科書的存在だとも言えますね。

そして1113工房と言えば「信念の男」小林十三監督です。

過去作では違う監督が撮っていたり、最近では出演女優でもある渡辺さやか監督や松木美々監督も作品を撮っています。しかしどの作品においても「小林十三イズム」は継承されています。すべての作品を安心して見ることが出来るという事です。

後進の育成もしっかりと行われているんですよね。

【小林監督からお聞きした1113工房今後の構想について】
今回こちらの1113工房まとめ記事を書くにあたり小林監督に内容の間違いが無いかをお聞きする機会があったのですが、その時に1113工房の今後の構想を少しだけお聞きする事が出来ました。

必ずそうなるという訳ではなくあくまでもそういった構想もあるというお話で聞いてください。

・1113工房では空気浣腸を使用した作品を一本撮るかもしれない。
・それはうんこ耐性のない1113工房ファンにも作品を楽しんでもらうため。
・もし空気浣腸を使用する場合はパッケージ等に明記する。

1113工房のおならと言えば生屁が当たり前だと思っていましたので正直そのお話を聞いたときには「なぜ空気浣腸?」とビックリしてしまいましたが、よくよくお話を聞いていると1113工房小林十三監督らしいエピソードが理由でしたので僕はなるほどなとすぐに納得できました。

こちらの記事ではそちらのエピソードもしっかりと紹介していきますのでどうぞ最後までお読みくださいませ。

みなさんもきっと「小林監督らしいな」とか「さすが1113工房だな」と思って納得できると思います。

【糞柱と】1113工房の屋台骨を支える出演女優【未来の糞柱候補や過去の糞柱たち】

AV業界は一期一会ですから入れ替わりのとても激しい世界です。1113工房も常に新しい血を入れながらソフトスカトロ界に大きな足跡を残してきました。

そんな1113工房の屋台骨をいま現在支えている女優陣を紹介します。

小林十三監督が仰るところの「糞柱」たちです。

くどいようですがAV業界は一期一会です。

今いる糞柱が明日業界から去ってしまっても何も不思議ではありません。そして本人が去ってしまうだけではなく作品ごと去ってしまう場合もあり得ます。

去った後に「買っておけばよかった」と嘆いても取り返しがつきません。気に入った娘の作品は早めに購入しておくことがとても大事です。

村長はる
村長はる

過去に大人気だった女の子が作品ごと去ったこともあります。でもそれは仕方がないこと。

「あかね」さんは1113工房勤務・現役スタッフ

あかねさんといえば力強い大きな音のおならと特徴的なうんこ(草食動物のうんちみたいなポロポロ便からのごんぶと便)が印象深いですが、なにより一番の特徴は1113工房の現役スタッフであるという事だと思います。

昔からよくある「現役スタッフ」の名前が欲しくて一時的に籍を置くようななんちゃってスタッフではなくあかねさんは本当に1113工房で働いているんですよね。

普段から他の女の子の作品を編集したり自撮り作品では「1113工房スタッフあかね」名義で監督業も行っており一部の他作品にも監督として参加しています。1113工房の公式Twitter(@1113staff)もあかねさんが担当していますね。もう何年も1113工房で働いておられます。

写真をご覧いただいても分かると思いますがあかねさんはクールビューティーな女性です。キリッとした表情がとても素敵なんですよね。でも、作品をずっと見ていると実はとても恥ずかしがり屋だという事が分かってきます。

特に同性である女性が監督している作品ではその傾向が強くなります。(渡辺さやか監督・松木美々監督)

便意を催してから実際にするまでのちょっとした戸惑いや、うんこをし終わった後にどうしてもすぐにうんこを片付けたくなってしまう様子を見ているととても愛しい気持ちが湧いてきます。

はる村長
はる村長

あかねさんはギャップ萌え系の素敵なお姉さんです♪

あかねさん関連作品
【出演 あかね名義】
・愛しのオナラ嬢 
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・当社スタッフあかねのオナラとオシッコとウンコ
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・当社スタッフあかねの通常業務中には絶対にしないオナラを心ゆくまで聴かせて貰う
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・ふたりでオナラを…
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・あかねさんのオナラを私渡辺が撮りました
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・あかねさんのうんこ撮っちゃった
 ≫FANZA公式  

【出演・監督 あかね名義】
・私が自分で撮ったオナラとオシッコとウンコ あかね
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・私は自撮りガール/仕事の合間にオナラ・オシッコ・ウンコを撮りました あかね
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式

【VR作品】
・VR 当社スタッフあかねのオナラとウンコ
 ≫FANZA公式
・スカートの中に潜りたい。できたらそのままオナラかまされたい。
 ≫FANZA公式

【監督 あかね名義】
・ちひろちゃんのオナラとウンコ
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式

【出演 その他】
・麗しのオナラ嬢
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式

「渡辺さやか」さんは1113工房イチお嫁さんにしたいタイプの女性

渡辺さんといえば1113工房イチお嫁さんにしたいタイプの女優さんです。清楚で控えめで可愛い♪

最近は渡辺さやか名義で監督業もしています。

渡辺さんは作品ごとに「より綺麗に」「より魅力的に」なっていく女優さんとして有名なのですが、見比べていくとそれは渡辺さん自身の成長によるものなんだという事が良く分かります。もしかすると監督業をしたことが渡辺さんにとっての大きな転機となったのかもしれませんね。

初期の頃は仔猫みたいな可愛らしいお嬢ちゃんだったんですけれど、最近の作品ではすっかり綺麗なお姉さんになりましたもんね。

しかしどの時期の作品を見ても渡辺さんは渡辺さんであり「清楚で控えめで可愛い♪」のです。

僕は渡辺さんのオナニーが大好きです。あの「穏やかで優しくて保健体育の教科書に載せて世の中の若者たちに正しいオナニーの仕方として教えてあげたくなるようなオナニー」が良いんですよね。

村長はる
村長はる

1113工房の良心。それが渡辺さんなのです♪

渡辺さん関連動画
【出演 渡辺さん名義】
・渡辺さんのオナラとウンコ
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・私は自撮りガール/オシッコ・ウンコ・オナラを撮っちゃいました
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・渡辺さんが屁ェこいたウンコした
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・ふたりでオナラを…
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式

【出演 渡辺さやか名義】
・渡辺です。オナラとオシッコとウンコしました。よろしくお願いします。
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・排泄を見せてくれる女性と三日過ごす
 ≫FANZA公式

【VR作品】
・渡辺さんのオナラとウンコを目の前で堪能する
 ≫FANZA公式
・渡辺さんのオシモ事情/屁編
 ≫FANZA公式
・渡辺さんのオシモ事情/うんこ編
 ≫FANZA公式 ≫『村長セレクトレビュー』

【監督 渡辺さやか名義】
・ちひろちゃんが屁ェこいたウンコした
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・あかねさんのオナラを私渡辺が撮りました
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・ちひろちゃんのオナラとウンコ
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式

【出演 その他】
・私の汚いもの全部お見せいたします
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式

「みなみ」さんはエロさを隠し切れない・隠すつもりもない

みなみさんといえば童顔なのにエロさ全開なところが特徴だと思います。とにかくエロい!

可愛くポージングしている時も、他愛のない会話をしている時も、おならをしている時も、うんこを踏ん張っている時もいつだってエロいんですよね。しかも無理してる風でもない。みなみさんはきっと普段からこういう人なのでしょう。みなみさんはエロさを隠しきれません。きっと隠すつもりもないのでしょう。

そしてみなみさんは1113工房イチ立派なうんこをします。いつもぶっといです。質感もミッチミチに詰まっている重量級のうんこを悩ましい踏ん張り声と共にもりもりとヒリ出します。

しかもみなみさんのおならやうんこは画面を通り越して見ているこちらまでニオイが届きそうなくらい臭そうなんですよね。みなみさん自身が自分のおならやうんこに咽たりオエッてなったりしているからかもしれませんがとにかく臭そうなのです。そこがとても素敵なんですよね♪

村長はる
村長はる

みなみさんと言えばエロさとぶっとい重量級便!

みなみさん関連作品
【出演 みなみ名義】
・排泄嬢・みなみ
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・極太便のエロい女
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・みなみさんはうんこがしたい
 ≫FANZA公式
・うんこのおんな
 ≫FANZA公式 ≫『村長セレクトレビュー』

【VR作品】
・エロい女の排泄を目の前で目撃する
 ≫FANZA公式
・スカートの中に潜りたい。できたらそのままオナラかまされたい。
 ≫FANZA公式
・出ます!出します!!
 ≫FANZA公式 ≫『村長セレクトレビュー』

【出演 その他】
・排泄を我慢しない二人が一緒に過ごしたらこうなりました
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式

「松木美々」さんは撮影にストイックな姿勢で挑むアスリート系美女

松木美々さんといえば撮影に対するストイックな姿勢と迷いのない排便が特徴ですが、とくに勢いのある見事な下痢はいつも見ている側を圧倒してくれます。とにかくその排便の思いっきりのよさが見ていてとても気持ちが良いんですよね。美々さんの排便を見ていると心がスッと軽くなります♪当然見ていて興奮できるエッチなうんこでもあります。

写真をご覧いただいてもお分かりの通り美々さんはお綺麗です。でも、その美貌に驕ることなくストイックに撮影に挑むアスリート系の美女なんですよね。撮影時にうんこがちゃんと出るかとか見ている人がどうすると喜ぶかとか常に考えているタイプのようです。

さらに美々さんは最近監督業も行っており、そこからも何かを学ぼうとしている姿勢には向上心の高さも窺えます。

たまに監督として参加している現場で腹痛と便意をおぼえてしまい、そのあげく我慢できずに出演している娘より良いうんこを披露しちゃったりする事があるんですけれど、なんだかそういうのも見ていると美々さんがとても可愛らしく思えてくるんですよね。

美々さんは監督自らうんこをするスタイル」を確立しています!

村長はる
村長はる

美々さんは惚れ惚れするような下痢をしてくれます♪

松木美々さん関連動画
【出演 美々名義】
・排泄嬢・美々
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式

【出演 松木美々名義】
・私ウンコがよく出るんです
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・排泄を我慢しない二人が一緒に過ごしたらこうなりました
 ≫FANZA公式 ≫DUGA公式
・美々はいつもウンコがしたい
 ≫FANZA公式 ≫『村長セレクトレビュー』
 
【VR作品】
・排泄美人/目の前ですみません
 ≫FANZA公式
・スカートの中に潜りたい。できたらそのままオナラかまされたい。
 ≫FANZA公式
・もしもウンコを見せてくれる女性が目の前にいたら
 ≫FANZA公式
・美々の臭い一日/3月13日
 ≫FANZA公式 ≫『村長セレクトレビュー』

【監督 松木美々名義】
・みなみさんはうんこがしたい
 ≫FANZA公式
・うんこを見せてくれるお友だち連れてきました
 ≫FANZA公式
・あかねさんのうんこ撮っちゃった
 ≫FANZA公式

うんこなんかしそうにない・でもしちゃう「1113工房のあの娘」

小林十三監督が先日Twitterで出演している娘には名前を付けると呟かれていましたので近日中に何かしらの名前が付くのでしょうが今現在この娘に名前はありません。

「1113工房のあの娘」です♪

この世で一番価値のあるものはなんなのか?それは「うんこなんかしそうにない娘がするうんこ」と「おならなんかしそうにない娘がするおなら」だと僕は思います。

この娘が出演する作品を見るとそれらが手に入るのです。一瞬で至福の時を迎えられます♪

写真やサンプル動画をご覧いただくとお分かりになるかと思いますがこの娘はとても可愛くて美人です。でも飛び抜けて万人が認めるほどの別格な美人かというと色々比較対象する娘が出てきて意見が分かれるかと思います。

でも、そうじゃないんですよ!この娘は「うんこなんかしそうにない娘」なんです。とびっきりの美人ですとかそういう事じゃないんです。うんこなんかしそうにないんです。

その佇まいや言動がどうしてもうんこやおならと結びつかない娘なんですよね。もはやして欲しくないレベルです。

でもしちゃう♪しちゃうどころか大量便までみせてくれたり面白い音のおならまで聞かせてくれちゃう♪

そんな娘のうんこやおならが楽しめるだなんて本当に良い時代になりました。

まだまだ出演作品は少ないですがこのまま出演し続けさえしてくれればこの娘は間違いなく1113工房の大きな糞柱となっていくでしょう。

村長はる
村長はる

うんこなんかしそうにない娘のうんこは尊いのです。

1113工房のあの娘の関連動画
【出演】
・排便女優誕生
 ≫FANZA公式 ≫『村長セレクトレビュー』
・うんこ後おしっこ時々おなら
 ≫FANZA公式 ≫『村長セレクトレビュー』
・尻肉と肛門・番外編/屁を我慢しない女たちの尻肉と肛門
 ≫FANZA公式

【VR作品】
・美しい女性の汚いうんこ
 ≫FANZA公式

「堀口美緒」ちゃんは1113工房に吹く新しい風♪未完の大器?

「排泄嬢になりたい」でSさんとしてデビューした娘が堀口美緒ちゃんです。

デビュー作「排泄嬢になりたい」では若干粗削りなところも見せていた美緒ちゃんですが、それでもそのポテンシャルの高さと伸びしろの広さの片鱗は堂々と見せつけてくれていました。

まず屁力・排便能力が高い。これは1113工房の糞柱になるためには必須の能力です。たくさんのおならや良いうんこをする能力をこの娘は持っています。

そしてまだ若く(二十歳)表情に幼さが残っているのに言動はなかなか胆が据わっているというアンバランスさがとても良い。初期の渡辺さんとも通じる「背伸び感」が素晴らしく可愛いんですよね。

美緒ちゃんは一人撮影の時にちゃんといま何をしているのかを自分の言葉で説明できるコメント力と実況能力も高い。

小林監督がこれからどうやってこの娘の素質を開花させるのかが今から楽しみです♪

村長はる
村長はる

新人ですが侮れないポテンシャルを秘めています!

堀口美緒ちゃん関連動画
【出演 Sさん名義】
・排泄嬢になりたい
 ≫FANZA公式 ≫『村長セレクトレビュー』

【出演 堀口美緒名義】
・堀口さんがウンコした
 ≫FANZA公式 ≫『村長セレクトレビュー』

【VR作品】
・おとなしい人見知り女子の豪快なうんこ
 ≫FANZA公式 ≫『村長セレクトレビュー

まだまだたくさんいる「未来の輝ける糞柱候補たち」「過去の糞柱たち」

いま挙げた6人の他にも1113工房には可愛い娘がたくさん出演しています。

ほんの数作だけ出演した娘や一作だけで去ってしまった娘。一時期活躍したけれど最近新作には出演していない娘など新作にこだわらなければみなさんに見て頂きたい娘はまだまだたくさんいます。

ここではそういった娘を紹介していきます。

これから随時更新していきます(・∀・)

村長はる
村長はる

1113工房は老舗ですからね!いろんな娘がいますよ♪

「Rinko」さんは現在の糞柱が現れる前の1113工房を支えていた女性

Rinkoさん(RINKO等 表記ゆれがあります)は今現在活躍中の糞柱達が現れる前の1113工房を一時期支えていた功労者です。僕個人的には渡辺さんが現れる前の「お嫁さんにしたいNo1」の女性でした。

Rinkoさん関連作品
【出演】
・オナラとウンコの7日間
 ≫DUGA公式
・女の屁に萌える2
 ≫DUGA公式
・Fart Hot Style コスプレチックに女の屁
 ≫DUGA公式
・女の屁とウンコとオシッコで幸せになる
 ≫DUGA公式

【この人にしか】小林十三監督は秀才である【撮れない世界】

誤解を恐れずに言うと小林十三監督は天才ではなく秀才だと思う。
これはけっして天才的センスが無いという事を言いたい訳ではなく、むしろセンスや感性は天才的だが今に至るまで歩んできた道が不断の努力で突き進む秀才型であったという事です。

ここでは小林十三監督がどれだけ凄いかを深堀りしていきます。

小林十三監督のすごいところ
①徹底した本物志向
②徹底した女の子ファースト
③継続する力の意味を深く理解している
④信頼関係を築くというスキル
⑤ファンとの距離感

①徹底した本物志向
1113工房と言えば自然排便と生屁ですよね。偽糞は論外だとしても1113工房ではそれ以外にも浣腸はおろか空気浣腸も女の子に使用していないんです。

これはなかなかできる事ではありません。

何故なかなかできないかというとその一番の理由は経費の問題があげられると思います。一旦撮影が始まってしまうとうんこやおならが出ても出なくても女の子やスタッフを含めた現場も動き始めます。その段階から経費は発生し続けてドンドンと増えていくのです。

なので大きな現場になればなるほど「出ない」という状況があってはならない事になってしまうんですよね。そうなると必然性がないシーンでも座薬、浣腸、空気浣腸、そして偽糞までをも使用してしまう必要が出てくる訳です。

しかし1113工房は少数精鋭部隊です。小林十三監督のほか数人程度で現場をまわしている様子が作品やSNSから窺えます。撮影に携わる人数が減ると当然経費も減ります。なので1113工房ではうんこやおならが出なかった場合に女の子に帰ってもらったりもしているんですよね。当然無駄な経費は発生しますしそれ自体は痛手ですけれど大きな現場ほどの致命的なダメージは回避できる。

さらにある工夫で「出ない問題」を乗り切ることにも成功しています。

それは女の子の奇跡的な「おなら日」や「快腸の日」に撮影現場へ出向いてもらうというやり方です。女の子の都合に合わせている。これをした日は少なくとも出ないという事態は避けられるわけです。これも大きな現場ではありえない手法ですよね。

しかも経費を度外視する場合もある。

1113工房では場合によってひとつの作品を作るのに一年以上の歳月をかける事があります。

それこそ座薬や浣腸や空気浣腸を使用すれば、なんだったら偽糞まで使用すれば一日で撮影が終了できるというのに小林監督は撮影に一年以上をかける事が出来るんです。

これが出来るという事自体が自然排便や生屁の証明になりますよね。

本物志向が小林監督のこだわりという事です。

②徹底した女の子ファースト

座薬、浣腸、空気浣腸や偽糞を使用しないのは①でも触れたように小林監督が本物志向であるという事が理由のひとつではありますが、それ以上に女の子への身体的負担についてかなりの気遣いをしているのも大きな理由だと考えられます。

実際に作中での女の子との会話やSNSでの発言で小林監督がそう言っているのを見た事があります。

撮影日にうんこやおならが出なかったとしても女の子が帰る時間になれば無理強いをせずに帰してしまうのも女の子の都合と体調を最優先にしている結果でしょう。

自然排便や生屁に強いこだわりを持ちつつも徹底した女の子ファーストを貫く。

これだったら撮影に一年以上かかる場合も出てきますよねと思わされてしまいます。

③継続する力の意味を深く理解している

1113工房の特徴と言えば画面から伝わってくるあのほのぼのとした雰囲気であると思います。

しかしこの雰囲気は一朝一夕に出来上がったものではないのです。

小林監督は20年以上前から今とほぼ変わらない作風の作品を撮っていました。いまと変わらない西の方のイントネーションで軽快に女の子と会話をしていましたし穏やかな作風も今と変わりませんでした。

ただ、今より少し女の子のコントロールに苦心しているようなシーンも映像に収録されていたりしたんですよね。言うことを聞かない娘を注意するシーンなんかも入っていました。

けっして某メーカーのように女の子を恫喝したりなんてことは絶対にしていないですし、作品の雰囲気を壊すような嫌な声掛けでもありませんでした。でもいまより全体をコントロールしきれていない場面があったりしたんですよ。

でもいまはどの作品を見てもほのぼのとした雰囲気に包まれています。

この雰囲気は決して偶然の産物などではなく小林監督が20年以上かけてトライ&エラーでブラッシュアップさせて作り上げた「経験に裏打ちされたコントロール下に置かれた状況」なのです。

20年以上前の当時と今も作風は大きく変わらないという事は、小林監督は自身の作風を当時すでに完成させていたという事になります。

そこからずっと信念を持って撮影を繰り返しトライ&エラーでピッカピカに作風を磨き上げてきた。

これがいまの1113工房の雰囲気なんですよ。

小林監督は継続し続ける事の意味を深く理解しているのです。

④信頼関係を築くというスキル

これは昔からなのですが小林監督は女の子との信頼関係を築くのがとても上手ですよね。

これは上記したような徹底した女の子ファーストと場合によっては採算を度外視してまで時間をかけて作り上げたものなのでしょう。

作品を見ていると時として嫉妬してしまう程の信頼関係が見える事があります。

最初からここを目指していたのかは分かりませんが、いまの1113工房の作品から漂ってくるほのぼの感は小林監督元来の生真面目さと20年以上色々な娘たちと作品を地道に作り上げてきた事から得た「信頼関係を築く」というスキルが生み出したものであるのは間違いないでしょう。

うんこやおならを人前ですることを恥かしいと思っているような普通の娘が「お金のために仕方がなく」でも「断れなくて我慢して」でもなく小林監督の作品に出演し続けるのは「これをすると小林監督が喜んでくれるから」という気持ちで出演しているとしか僕には思えないのです。

⑤ファンとの距離感

繰り返しになりますが小林監督の作風はもう20年以上前からすでに確立されていました。

今も変わらず良質のソフトスカトロ作品をずっと撮り続けてくれていますが、ここに至るまでには外野からの意見も色々耳に入ってきたと思います。

声の大きい少数派の意見を聞きすぎると本来そのメーカーが持っていた良さや輝きが削がれていってしまう事が良くあります。メーカーの迷走の始まりです。

ファンの意見を取り入れているはずなのに売り上げが伸びない。伸びないどころかむしろ減ってきてしまう。なのに一度意見を受け入れられたファンからは次々と要望がやってきて収拾がつかなくなってしまう。結果むかしからいてくれた顧客が去ってしまう。

これらのそのすべては声の大きい少数派の意見を聞き過ぎてしまったためです。

みなさんもこういったメーカーをいくつか見た事があるのではないでしょうか?

しかし1113工房はそうじゃない。

小林監督は長年このソフトスカトロ界のド真ん中を突き進んできた経験からそれらの意見をしっかり取捨選択しています。

「AVなんだから全裸が基本だ!」「もっとトリッキーな姿勢でうんこをさせろ!」「食べさせろ!」「塗れ!」のような本質を見失った方たちの雑音を見事にスルーしている。

小林十三監督は継続する事の意味を深く理解している信念の人なのです。

この人にしか撮れない世界があるという事です。

村長はる
村長はる

小林十三監督はソフトスカトロ界唯一無二の存在!

ここでは小林監督が「空気浣腸を使用した作品」を撮るかもしれないという構想を持つに至った経緯を小林監督からお聞きしたエピソードと共に解説していきます。

小林監督と言えば20年以上も前から自然排便と生屁にこだわって作品を製作し続けてこられた方です。それはきっとこれからも変わらない事でしょう。

それではなぜそこまでこだわっている小林監督が空気浣腸を使用するという構想に至ったのか?

それは皮肉な事に女の子とのあまりにも良好な信頼関係に起因しているようです。

1113工房のファンの中にはうんこ耐性の無いおならのみの作品が見たいという層の方々が存在します。元々そういった作品をたくさん1113工房では発表してきましたのでそれ自体は別になにも不思議な事ではありません。

小林監督もそれは感じていたのでおならのみの作品を製作しようと試みたそうです。

そこで困ったことが起きた。

おならのみの作品をたくさん制作していた頃はうんこNGな女性を撮影していれば純粋なおなら作品が制作できていたのに、ここ最近はうんこNGの女性を撮影していたはずなのに撮影途中に「やっぱりウンコしちゃおうかな」となる事が増えたそうなんです。

(少し前の作品ですが上記にて説明しているRinkoさんの「オナラとウンコの7日間」という作品にまさしくそういったシーンが収録されています。)

増えたというより現在はほとんどがそうなるとの事。これは上記④でも説明した小林監督の「信頼関係を築くスキル」がそうさせてしまっているようです。

小林監督はおならのみの作品であっても面接時にはうんこの提案をするそうですが、断られればそのままおなら作品として撮影を始めて撮影が始まって以降にうんこを説得することはほとんど無いとおっしゃいます。それでも最近は女性の方から「小林さん、大きい方も撮りたい?・・・いいよ」となるみたいなんですよね。

もし撮影しているのがプロダクションに所属している女優さんだとすれば、たとえその女優さんがその場で良いよと言ったとしても事務所的にあとあと揉めたりする可能性もありますが、小林監督が1113工房でうんこやおならを撮影しているほとんどの女性が事務所に所属していない女性です。

そうなると小林監督にはそのうんこを断る理由は何もなくなってしまうのです。

以前、作中で女の子からセックスの誘いを受けた小林監督が「作品の主旨と違うから」と断っているのを見た事がありますがそれはセックスだからです。1113工房が、小林監督が、撮影に障害のないうんこを断るという選択肢はありません。なのでそのまま撮影をする。

撮影したうんこを「おなら作品だから」という理由でお蔵入りさせる事もできません。それは僕のようにおならもうんこも大好きだという1113工房ファンもたくさんいるからです。

なので、その「本来はおならのみの作品になるはずだったもの」がうんこシーンありの作品として発表される事となるのです。最近こういうことが続いたそうです。

それでもおならのみの作品を楽しみたいうんこ耐性ゼロのお客様も確実に存在している。

そこで今回の構想に至ったとの事です。

・プロダクション所属のうんこNG女優さんを起用する
・空気浣腸を使用(その旨は明記)する

これで撮影途中にうんこものへ変更される事は無くなります。

もしそういった作品が制作されるのならどんな作品になるかを想像するだけで楽しくなってきますよね♪

それにしてもこのエピソードってさすが小林監督だなと思わされました。卓越した信頼関係構築スキルで女性の方からうんこ撮ってもいいよって言わせちゃうんですもの。

そして本物へのこだわりも小林監督らしいなと思いました。

空気浣腸使用の明記なんてしなくちゃならない決まりなんかありません。でも小林監督はそれをする。なにも書かずに生屁かどうかを曖昧にする事も可能なのに小林監督は空気浣腸使用を明記しようとする。

これは20年以上ずっと撮り続けてきた本流の自然排便・生屁に対する強いこだわりがそうさせるのでしょう。

空気浣腸使用と明記する事で本流のファンを惑わせたりなんかしないよというメッセージですよね。これは(・∀・)

ですので今後1113工房で空気浣腸を使用する作品が撮られることがあったとしてもそこに矛盾はなにもありませんしファンを騙すという事にもなりません。

1113工房小林十三監督はそこまでファンを大事にしてくれているという事です。

【村長ハルフォード】選りすぐりの1113工房作品

ここでは新作旧作関係なしに僕のお気に入り1113工房作品を紹介していきます(・∀・)

これから随時更新していきます♪

村長はる
村長はる

古くても良い作品はたくさんありますよ♪

1113工房はある意味頑固なメーカーかもしれません。

声の大きい少数派の意見に右往左往して迷走するスカトロメーカーが多いなか1113工房は小林十三監督の強い信念真っ直ぐに進み続ける事が出来ています。

派手な事をせず愚直に真っ直ぐソフトスカトロ界のド真ん中の突き進むのが1113工房だと僕は思います。

だから1113工房の作品は安心して買える。

ここ数年の作品であれば女の子の好みだけで決めてしまっても後悔するような事は無いでしょう。

僕は自信を持って1113工房の作品をみなさまにお勧め致します。

Twitterフォローお願いします!!! → @ppunkom

タイトルとURLをコピーしました